第二回文化芸術まちづくりゼミ レポート

8月25・26日の二日間、文化芸術まちづくりゼミを開催しました。

 

今回は第一回とプログラムを変更し、1日目に復興ツーリズムを行いました。

 

おらが大槌夢広場のガイドと共に町内を巡り、町民の方からも「震災後初めてここに来た」という声がありました。大槌町のことを歩きながら語っていただき、ご自身もいろいろと発見があったようです。

 

ツアーの最後は吉里吉里でお祭りを見学し、その後、吉里吉里のカフェ&バー「Ape」にて大槌学のレクチャーと交流会を行いました。

大槌学では、臼澤伝承館の東梅英夫さんにお話をしていただきました。400年の伝統を持つ郷土芸能「臼澤獅子踊」の継承を目的に「復興の鼓舞」として活動されている東梅さんから、郷土芸能への思いや、震災後の変化についてお話いただき、約20名ほどの参加者は興味深く真剣な様子で聞き入っていました。郷土芸能を通じて心のふるさとを子供たちに作ってあげることが残りの人生のご自身の役割であると感じられているそうです。郷土芸能を通じて大槌を盛り上げようという思いのこもったお話でした。

 

 

2日目は赤浜小体育館にて、毎日新聞記者の手塚さや香さんのレクチャーからスタートしました。

盛岡での勤務経験がある手塚さんは、当初から過疎地の問題や商店街の活性化などに関心を向け、そこから"アートイベント"や"アートプロジェクト"と言われるような地域と連動した企画、例えば新潟県の「越後妻有トリエンナーレ」や瀬戸内海の「瀬戸内国際芸術祭」などを取材されてきました。これらは地域独自の生活の営みや風土を発信するような作品が多くあり、回を重ねるごとに地元の人がかなり自発的に関わるようになっているそうです。また外部の人も地域に愛着を持って入ってくる人が多く、実際に移り住んでカフェを営んでいる人もいるというお話もされました。また、大島青島園でのアート活動もご紹介されました。ハンセン病の療養所がある島においてカフェやツアーを行うようなプロジェクトで、負の遺産をどのようにひとつの文化として伝えていけるか、という活動です。視覚的に残っているものを残していくというところに現代アートの可能性があると、手塚さんは感じているそうです。会場の方の思いとしては、芸術的なところと復興をどう繋げていくのかに興味は持ちつつも難しいと思うという人が多い印象でした。

そんな中、それを"ロック"という形で実践したのが、今回の現地ゲストの大槌STANDING STANDING です。メンバーの岡野茂雄さんにお話をしていただきました。

 

メンバーは全員が友達の"軍団"です。ほぼ全員が別の仕事を持っていて、自分たちの生活をしながら活動されています。たくさんの支援をもらっていることや、こういう文化的な場づくりに大槌町の人の関心が少ないという状況に危機感を覚え、自分たちで動いて自分たちで養っていくことで町を残していこうと考えておられます。この町で生活していきたいと思う人を支援していくのが目的で、活動は多岐にわたりますが、とりわけ6月30日に開催された一大イベント「おおつちありがとうロックフェスティバル」が話題となりました。当日はロックのライブだけではなく、郷土芸能や子供たちによる演劇なども披露され、最後には素晴らしい花火が打ち上げられ、大盛況でした。

このように、前向きに笑顔でこれからの大槌を作っていく決意を通じて、これまで支援してくれた世界中の方々にありがとうを伝えたかったと岡野さん。今の子供たちが笑顔で「大槌いいな」と言ってもらえるまで頑張ろうと目標を掲げられました。ロックフェスに参加したという会場の方からは「ロックだけではなく民謡などもあってよかった。」という感想がありました。手塚さんが取材されているようなアートイベントでも、開催する人の思いを町内で共有できるかどうかがすごく難しいそうです。大槌STANDINGSTANDINGに関しても、地元での先進的な立場の人とそうでない人との意識の差やしがらみが難しく、それが理由で失敗する事例もあるそうです。今回のロックフェスでも、メンバーの印象としては町民の参加が思ったより少なかったそうです。しかし、ゼミの参加者からは「感謝の気持ちを伝えられる機会になって嬉しかった」「多くの支持を集めていたと思う」など、良い意見がでました。

 

最後には高橋副町長から「団結力を生かしてみんなで応援するような風土を作っていけないか考えています。今後はどんな町にしていきたいか、仕組みづくりのほうの話し合いをみなさんと進めていきたいと思う」とコメントをいただきました。第一回ゼミのときよりも町民の参加者が多く、またいろんな意見がでる活気のある場になりました。大槌町でも文化芸術を通じたまちづくりが進んでいるのではないでしょうか。

 

 

記:ひょっこりひょうたん塾 事務局 安川雄基

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから